筋トレを始めて一年…。変化が全くない!筋トレのやり方が間違ってる?効果がないだけ?

筋トレを始めたけど、全く効果がないという人はいませんか?

よく、筋トレは継続が必要だと言います。

しかし、筋トレを一年やっているのに変化がないという人も実際にはいるのです。

普通の人がこれを聞いて考えるのは、「効果的な筋トレをやっていないのでは?」ということです。

正直に言うと、効果的な筋トレをできていないということもありますが、筋トレについて浅い知識で筋肉を付けようとしているということなのです。

それでは筋肉は付くわけがありませんよね。

では、今回は筋トレを始めて一年でも変化がない人のために、効果的な筋トレ方法や食事について紹介していきます。

筋トレを始めて1年でも変化がない理由

筋トレを始めて1年で変化なしなのにはそれなりの理由があります。

<食事が間違っている>

まずは食事です。

筋肉を作るためには筋トレだけが必要なのではありません。

食事も必要なのです。

食事で筋肉に必要な栄養素を補給することで筋肉の組織を回復させ、筋肉を作ってくれます。

正しい食事をしていないというのもありますし、そもそも食が細くて栄養素を補えていないということもあります。

<正しい筋トレができていない>

次の理由としては正しい筋トレができていないということです。

インターバルの時間やセット回数など正しい数値でなくては筋トレの効果がでないこともあります。

<そもそも筋肉がつくような体質ではない>

そもそも、筋肉がつくような体質でない場合もあります。

男性ホルモンが豊富な人は筋肉がつきやすいのですが、女性ホルモンが多めの人は筋肉がつきにくいので注意しましょう。

効果的な筋トレ方法

効果的な筋トレ方法があります。

まずはインターバルの時間を理解しましょう

インターバルは筋トレのセットの間の休憩のことです。

この休憩によって、筋肉が回復し、筋肉が作られると言っても過言ではありません。

インターバルの時間は3分がいいとされています。

筋肉が回復する時間としては最適です。

セット回数も重要です

セット回数は3回~4回を目安としましょう。

このインターバルとセットを覚えておき、いつも通りの筋トレしてみてください。

きっと効果が現れるはずです。

食事やアルコールにも気をつけよう!

筋トレだけではありません。

食事やアルコールにも注意しなくてはならないのです。

食事は上記で紹介したように、栄養のバランスがいい食生活をすることが大切です。

食事で補いきれない栄養素はサプリなどで摂取するようにしましょう。

また、アルコールにも気を付けなくてはなりません。

そこまで鬼畜ではないので、飲むな!とはいいませんが、アルコールが筋肉の組織を分解する可能性もあります。

なので、なるべく飲まないように心がけましょう。

まぁ、我慢ができないのであれば、筋肉をつけるのはあきらめたほうがいいでしょう。

筋トレは効果がない人もいる!日常生活の見直しも大切!

今回は筋トレを始めて一年でも変化がない人のために、効果的な筋トレ方法や食事について紹介してきました。

体質によっては筋肉がつきにくい人がいます

体質が関係なく筋肉が付かない人は食生活や筋トレの方法などが間違っていると言えます。

正しい方法を身に着けず、適当に筋トレしていても意味はないのです。

なので、日常生活の見直しはまずは行ない、筋トレ方法も改善しましょう。

ぜひ参考にしてみてください。