女性に効果的な筋トレのメニューは?自宅でできる女性向け筋トレメニュー

会社から帰ったら、リフレッシュのために自宅でヨガをする・・・。

最近は、ヨガマットの売上げが再浮上していると言われています。

しかし、もし、ヨガマットをお持ちの方なら、ぜひ、筋トレに使ってみませんか?

女性でもお金をかけずにヨガマットを使うだけで美しい筋肉を手に入れることができます。

太ももと腹筋を鍛える (自宅でできる女性向け筋トレメニュー)

女性でもお金をかけずに美しい筋肉を手に入れることは可能である」ことはお話ししましたが、実は、正しい筋トレの仕方があります。

それを誤ってしまうと、せっかくの努力が台無しになってしまいます。

最初に心がけたいことは、体の土台作りです。

土台とは、主に太ももと腹筋力です。

美しい体を維持するためにお腹に気を配る方は多いのですが、太ももを疎かにしている方がいます。

太ももは体全体を支える場所。太ももの主要な筋肉である大腿四頭筋とハムストリングに筋肉がついていれば、体のバランスを維持しやすいのです。

はじめに取り組みたいのがスクワットです。
ゆっくり息を吸いながら腰を落としてゆき、吐きながら腰を起こす。

これを20回から30回を目安に行います。

腹筋はヨガマットで  (自宅でできる女性向け筋トレメニュー)

次に腹筋を行います。これは、お腹の筋肉を鍛えるためでもありますが、内臓下垂になってポッコリお腹になっている女性は多いもの。
腹筋力を鍛えることで、内臓下垂を整える意味合いもあります。

ヨガマットの上で行うことで、お尻が痛いなどの余計な苦痛を減らす効果がありますからオススメです。

腹筋も20回から30回程度を目安にするとよいでしょう。

もちろん、腹筋だけ鍛えてもバランスの悪い体になってしまいますから、背筋も行ってください。

そして、大切なことはできれば、パートナーに頼むなど、誰かに手伝ってもらい、足が浮かないように心がけること。

足が浮いてしまうと、お腹に力が入らずに非効率な筋トレになってしまいます。

最後にランニング  (自宅でできる女性向け筋トレメニュー)

ここまで終わったら、自宅の外にでましょう。
ランニングです。

筋トレ前にランニングをされる方もいますが、ランニングは必ず最後。

その理由は、筋トレで痛めつけた筋肉に有酸素運動で酸素を送り込まなければいけないからです。

酸素は、痛んだ筋肉を修復するための栄養素にもなります。
この順番を行うことで、体の自然治癒力を使って筋肉量を高めるのです。

女性の場合は、男性と同じ距離を走る必要はありません。
2~3キロ程度で十分です。

なお、筋トレは1日おき、ランニングは毎日行うことが最短で筋肉を手に入れるための大切なサイクルです。