筋トレで必要なのはBCAA?EAA?どちらの摂取が好ましいのか?

筋トレを行なう上で筋肉を作るための栄養素を摂取することが大切です。

筋トレだけでは筋肉を作ることができないためです。

筋肉に必要な栄養素の中でも、アミノ酸の摂取はとても大切です。

アミノ酸は体の中で自動で生成されることはないため、サプリや食事での摂取が重要になってくるわけです。

アミノ酸にも種類があり、BCAAやEAAなどがあります。

栄養素に関して無関心な人であれば、そもそも興味がないという人もいるかもしれませんが、この違いを知っておかなくては筋トレの意味は発揮されません。

まぁ、そんな人は記事を読まなくても大丈夫です。

では、今回はアミノ酸の代表であるBCAAやEAAの違いやどちらがいいのか?について紹介していきます。

BCAAとは?

BCAAにはバリン、ロイシン、イソロイシンという3種類のアミノ酸が含まれています。

この3種類が含まれたアプリやプロテインがあります。

BCAAを摂取することで、アミノ酸を血中に多くし、筋肉の回復を早めてくれます。

また、筋肉を守る力も保持しているため、筋トレ中でも筋肉を傷めすぎず、回復させつつ筋肉を付けてくれます。

EAAとは?

EAAはロイシン、イソロイシン、リジン、バリン、フェニルアラニン、トレオニン、ヒスチジン、メチオニン、トリプトファンの9種類のアミノ酸が含まれています。

EAAはBCAAと同じような効果も発揮してくれます。

それだけでなく、他の成分のアミノ酸も含まれているため、筋肉を増やしてくれる効果もあります。

というのも、BCAAは筋肉を守り、回復を早めてくれる効果がありましたが、EAAにはそれだけでなく、筋肉を増やす増量させるためのアミノ酸も含まれているということになります。

どっちがいいの?

BCAAとEAAとどちらがいいのかと悩んでいる人もいるでしょう。

筋トレの効果を早く実感したいという人であれば、EAAがオススメです。

EAAは上記でも紹介したように、筋肉を回復させるのももちろんですが、筋肉をさらに増やしてくれます。

筋肉を増やしてくれると言えば、タンパク質の役割なのですが、EAAはタンパク質と同じような役割をしてくれるということなのです。

なので、食が細くてタンパク質を多く摂取できないという人やアミノ酸とタンパク質両方をアプリで摂取したいという人は、EAAを摂取したほうがいいのです。

もちろん、BCAAはアミノ酸豊富で筋肉を回復してくれる効果があるので、アミノ酸のみの摂取でも構わないという人は、BCAAでもいいでしょう。

タンパク質を多く吸収したいのであれば、EAAがオススメ!

今回はアミノ酸の代表であるBCAAやEAAの違いやどちらがいいのか?について紹介してきました。

アミノ酸はBCAAでもEAAにも含まれています。

しかし、含まれるアミノ酸の種類が違ったり、効果が違います。
BCAAは3種類のアミノ酸、EAAは9種類のアミノ酸が含まれており、BCAAは筋肉の回復を主としており、EAAのほうがタンパク質を体に取り入れたときのような、筋肉を増長させてくれる効果を発揮してくれます。

これを知ったところでBCAサプリからEAAサプリに変える気がないという人は、そのままの筋肉でずっといていただいても大丈夫です。

筋肉をさらに増やしたい!という意欲的な方だけEAAサプリに変更してみてください。

きっと筋肉にも優しく、筋肉を作ってくれて効果を実感できること間違いなしです。

ぜひ参考にしてみてください。