道具なし!腹筋と腕筋を効率よく作るメタボな人の成功法

道具なし!腹筋と腕筋を効率よく作るメタボな人の成功法

前回の記事『貧弱サラリーマンにバイバイ!筋肉初心者がはじめに取り組むこと』

をご紹介しました。初心者は道具なしで、体の部位のうち、腹筋から鍛えるべきであるとお話しましたが、「それは分かった!次はどうすればいいの?」という話をご説明したいと思います。

腹筋は約2ヶ月~3ヶ月程度で徐々に筋肉が増える根気がいるトレーニングです。

この期間に焦ってダンベルを購入してもダメ。腹筋と併せて、ダンベルに耐えられる腕筋の準備をはじめましょう。

最初の鍛え方は腕立て伏せがオススメ

腹筋と併せて立て伏せを実施しましょう。

将来、ダンベルに移行した時に、腕のスジを壊さないための下地づくりです。

腕立ても腹筋同様に誤った方法は絶対にNG。間違った方法では筋肉は中々つきません。

そこでお勧めしたいのが、体を持ち上げた姿勢から腕立てを始めるのではなく、体全体を床につけた状態から、腕で体を支えつつ、体を持ち上げる順番で行う腕立てを実施します。

これ以上ムリと思ったら、それ以上、腕を伸ばす必要はありません。

この方法であれば、無理なく徐々に筋肉をつけることができます。

繰り返してゆけば、腕も徐々に伸ばせるようになってくるでしょう。それが筋肉が付いてきた証拠です。

道具なし!腹筋と腕筋を効率よく作るメタボな人の成功法

筋肉の形成には腹筋との組み合わせが大切

前回の記事で、腹筋は1日1回。そして、1日の休憩が大切であることをご説明しました。筋肉の修復力を使って効率よく筋肉を増やす必要があるからです。

休憩を挟まなければ、筋肉を修復する期間がないため、筋肉が壊れてしまい増えないのです。

一方、1日休憩するとモチベーションの維持が難しいという二律背反な部分も否めません。

そこでご提案するのは、腹筋→立て→腹筋と、1日ごとに筋肉をつける部位を変えて毎日続ける方法です。

これならば、毎日続けることができ、かつ、お腹と腕の筋肉量を増やすことができるので、ダンベルを使ったトレーニングの準備筋をつけることに役立ちます。これが最も効率の良い鍛え方と言えるでしょう。

道具なし!腹筋と腕筋を効率よく作るメタボな人の成功法

道具なしのトレーニング期間は2~3ヶ月

以上ご説明した鍛え方で着実に筋肉量を増やすことが可能です。

では、どのくらいの期間、実施すればよいのでしょうか?

毎日、トレーニングを継続できた場合、2~3ヶ月を目処にするとよいでしょう。

通常、脂肪は内臓脂肪から燃焼されてゆき、次に皮下脂肪へ燃焼の部位が移動します。

みなさんが筋肉と呼んでいる部位は、あくまでも皮下脂肪が筋肉へと変化したものです。

その前に、内臓脂肪を燃焼しきらないと皮下脂肪は燃焼しません。だからこそ、はじめは時間がかかるのです。

待てば海路の日和ありと言いますが、まずは最初の3ヶ月は準備期間に当てましょう。