筋トレにはクエン酸が効果的!その効果やタイミングを解説

近年、筋トレとクエン酸の相性が良いと話題になっています。

しかしまだまだ筋トレとクエン酸の関係についてよくわかっていないという方が多いのではないでしょうか。

この記事ではクエン酸は筋トレにもたらす効果とクエン酸を摂取するタイミングなどについて解説していきます。

クエン酸とは

そもそもクエン酸ってなに?という方やなんとなく体に良いということだけは知っているという方も、スーパーやコンビニなんかに行くと、クエン酸配合と書かれた商品が販売されているのを1度は見かけたことがあると思います。

クエン酸は、レモンや梅干しなどに含まれている私たちが酸っぱいと感じる成分のことです。つまりあれらの商品は酸っぱくて体に良いと言っているのです。

では具体的にクエン酸は筋トレにおいてどのような効果を発揮するのでしょうか。

クエン酸が筋トレにもたらす効果

クエン酸は筋トレにおいて様々な効果を発揮します。ここではクエン酸が筋トレにもたらす効果について詳しく見ていきましょう。

疲労回復

クエン酸は体内の乳酸を分解する働きをします。

この乳酸というのは、身体が疲れている時に分泌される物質で乳酸が溜まっている=疲れを感じるという関係性になっています。

クエン酸は乳酸を分解するということは、つまり体の疲労回復を行ってくれる効果が期待できます。疲れている時はクエン酸が良いと言いますが、理由はここにあるということです。

基礎代謝の向上

クエン酸にはエネルギー代謝経路のクエン酸回路」を活性化させる働きもあるので、身体の基礎代謝を向上させる効果があります。

基礎代謝が向上することで、1日の消費カロリーが増加することになるので、より身体を絞れやすく筋肉がつきやすい体質へと変わっていきます。

このことからダイエットとしてもクエン酸は頻繁に利用されています。

グリコーゲンのチャージ

クエン酸はグリコーゲンがブドウ糖に分解されることを防ぐ働きをするので、体内にグリコーゲンを貯蓄しやすくする効果があります。

また、クエン酸と炭水化物を同時に摂取すると、グリコーゲンが急速にチャージされることもわかっています。

グリコーゲンは筋トレをする上では欠かすことができない重要な物質なので、クエン酸を摂取することは重要だと言えますね。

筋トレをする際にクエン酸を摂取する量とタイミング

1日に摂取すべきクエン酸量は2gみたいなので、私たちのように筋トレで消費する場合にはそれ以上のクエン酸を摂取する必要があります。

私は大体5gを目安に摂取していますが、大体2~5gの間と考えていただければ良いでしょう。

そしてクエン酸を摂取するタイミングなのですが、私は筋トレ前と筋トレ後の1日2回に半分ずつ摂取するようにしています。

疲労回復をメインで行いたいという場合は筋トレ後の摂取量を増やすなど、自分の状況に応じてタイミングや量を変化させると良いでしょう。

クエン酸を摂取するおすすめの食材

ここまでクエン酸の効果や摂取する量とタイミングについて解説してきましたが、ではどのようにクエン酸を摂取すれば良いのでしょうか。

クエン酸を効率よく摂取できる食材は以下のようなものが挙げられます。

梅干し

梅干し一粒あたり約0.7gのクエン酸含有量。筋トレの際にも食べやすく、比較的持ち運びも容易でおすすめの食材です。

グレープフルーツ

グレープフルーツ100gあたり1.1gのクエン酸含有量。あらかじめ切っておいてタッパーなどに入れておけば持ち運べて摂取しやすい。

オレンジ

オレンジ100gあたり0.8gのクエン酸含有量。グレープフルーツと同じく、あらかじめ切ってタッパーに入れておけば、摂取しやすい。

また、これらの他にもスーパーやコンビニに行くとクエン酸が配合されているクエン酸配合ドリンクが販売されています。

このようなドリンクを購入すれば、何も準備も入らず、飲むだけでクエン酸を摂取することができるのでおすすめです。

値段的にもそこまで高くないものが多いので、結構な本数を買っても経済的に優しいですよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

筋トレの際にはクエン酸を摂取することで、疲労回復や基礎代謝の向上などの効果を得ることができます

ただクエン酸を摂取するだけで、カンタンに効果を発揮してくれるので、これを筋トレに利用しない手はありません。

まだ筋トレの際にクエン酸を摂取していない方は早急に摂取するようにしましょう!