筋肉をつけるために必要な期間は?努力に必要な期間は○ヶ月

筋肉をつけるために必要な期間は?努力に必要な期間は○ヶ月

筋肉つけるために、努力が必要なのは分かる・・・。
しかし、どのくらいで筋肉がつくのか分からないとモチベーションを維持することが難しいものですね。

そこで、筋肉つけるために必要な期間について考えてみたいと思います。

3ヶ月で筋肉はつく

正しい方法でトレーニングをすれば、3ヶ月で間違いなく筋肉をつけることはできます。

しかし、「正しい方法」が難しく、結局、3ヶ月経っても思ったような筋肉を手に入れることができずに挫折してしまう方もいます。

特に誤りやすいのが、「休息日」を入れないこと。

筋トレばかりに意識が向いてしまい、無理に毎日トレーニングを続けてしまうのです。

正しい筋トレの順序

筋肉がつくトレーニングには順序があります。この順序を守れば、筋トレ期間も3ヶ月で十分です。

まずは、有酸素運動。ランニングや登山など、呼吸をしながら体を動かすトレーニングです。
これと平行して、水泳などの無酸素運動を取り入れます。

そして、もっとも重要なのが、休息日を入れること。
2日トレーニングをしたら、必ず1日は休んでください。

なぜならば、筋トレとは、いわば、筋肉の繊維を痛めつける行為。
傷ついた繊維が、再生、回復するときに太い筋肉繊維となって増強されるのです。

このメカニズムを無視ししてトレーニングを続けてしまうと、再生、回復するタイミングがないので、筋肉は痛めつけられたままの状態となってしまいます。

これでは、筋肉がつかないのは当然ですね。

筋肉が完成するまでの経過

冒頭で3ヶ月の期間があれば筋肉がつくとお話ししました。

では、筋肉がつくまでの3ヶ月間、どのような経過を辿るのでしょうか。

正しいトレーニングをした前提での話となりますが、実は、トレーニングを開始して1週間程度で体脂肪の減少がはじまります。しかし、最初は内臓脂肪が中心となるため、目に見えて脂肪が落ちた実感はないでしょう。

加えて、脂肪は非常に軽い細胞です。体重も減ったように感じないかもしれません。

しかし、諦めずに続けていると1ヶ月ほどで目に見えて体脂肪が減少したことに気がつくでしょう。

その代わりに、腹筋や腕が堅くなってきます。

もし、ここで油断してしまうと終了です。特にタンパク質や炭水化物を意識的に摂取していない場合も、ここまでしか筋肉は成長しません。

一方で、栄養管理もしっかり続けて正しいトレーニングサイクルを維持すれば、2ヶ月目から3ヶ月目で一気に各部位の筋肉が増大します。

そして、3ヶ月が経過したところで、豊かな筋肉が形成されたことに気がつくでしょう。

筋肉は徐々についてゆく訳ではなく、3ヶ月の期間のうち、後半部で一気につけるものなのです。